嘔吐を促す:10の主な原因 - 一般的な練習

嘔吐する衝動とは何か



エディターズチョイス
奇形腫:それは何であり、それをどのように治療するか
奇形腫:それは何であり、それをどのように治療するか
嘔吐する衝動は、吐き出される衝動に対応し、必ずしも嘔吐につながるわけではなく、非常に脂肪の多い食物、胃炎の摂取または妊娠の指標でさえ生じることがある。 また、ボートや車に乗っているときや、嫌な気分や嫌な気持ちを感じたり感じたりするときに、吐きたいと感じる人もいます。 不安は通常嘔吐に先行し、通常は不快感、口の苦味、寒い汗を伴う。 吐き気は通常数時間後に消えますが、それが1日以上続くと非常に不快で原因を特定できないため、病気の原因を調査して必要性を評価することが推奨されます治療の 何ができるか 嘔吐の心配は、主なものであるいくつかの状況の結果である可能性があります: 1.食べ物 あまりにも多くを食べたり、あまりにも多くの脂肪質の食べ物を食べると、しばしば吐き気や嘔吐の原因となる消化過程を妨げることがあります。 さらに、例えばグルテンのようなある種の食物成分に対する食中毒または不耐性は、胃腸の変化をもたらし、下痢を引き起こし、病気、吐き気および嘔吐を引き起こす可能性がある。 グルテン不耐性を特定する方法は次のとおりです。 2. Labirintite 迷走神経炎は、耳、迷路の内部の構造の炎症であり、その主な症状はめまいまたはめまい感であり、通常吐き気を引き起こす。 迷走神経炎の症状を知る。 3.胃腸の問題 例えば、胃炎、胃腸炎、逆流、および膵炎などの胃腸障害のいくつかは、他の症状の中でも