B髄膜炎ワクチンのワクチン - と薬
メイン / と薬 / 2018

Bexsero - 髄膜炎ワクチンB型



エディターズチョイス
母乳育児の準備方法
母乳育児の準備方法
Bexseroは、2ヶ月齢から50歳までの小児の髄膜炎菌B - MenB(細菌性髄膜炎の原因となる)を防御するワクチンです。 髄膜炎または髄膜炎菌疾患は、髄膜炎の発熱、頭痛、吐き気、嘔吐または炎症の徴候を引き起こす疾患であり、授乳中の乳児に最も影響を与える。 取る方法 示された用量は各患者の年齢に依存し、以下の用量が推奨される: 2〜5ヶ月齢の小児の場合、ワクチンの3回分の投与を2ヶ月間隔で行うことをお勧めします。 さらに、ブースターは12〜23ヶ月齢の間に行われるべきである。 6〜11ヶ月の小児では、2ヶ月間隔で2回の投与が推奨され、12〜24ヶ月間の追加投与が必要です。 12ヵ月から23才までの小児では、投与量の2ヵ月間隔で2回の投与が推奨される。 2歳から10歳までの小児および成人の場合、2回の投与間隔で2回の投与を推奨します。 11歳以上の成人および成人の場合、2回の投与が推奨され、投与間隔は1ヶ月間とする。 副作用 授乳中のBexseroの副作用には、食欲、眠気、泣き、痙攣、蒼白、下痢、嘔吐、発熱、過敏反応または発赤、かゆみ、腫脹または局所痛の注射部位でのアレルギー反応の変化が含まれる。 青少年では、主な副作用には、頭痛、一般的な倦怠感、関節痛、吐き気および痛み、腫脹および発赤が注射部位に含まれ得る。 禁忌 このワクチンは、妊娠中または授乳中の女性、生後2カ月未満の子供、お